ラベル Firefox の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル Firefox の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2014年12月1日

Bloggerでの『自分のページビューを追跡しない』の設定方法

Blogger標準機能のアクセス解析機能には『自分のページビューを追跡しない』という設定がありますが、これが正しく機能していない(→設定したはずなのに追跡してしまう)ようなので調べてみると、自分の設定方法が間違っていたことが分かりました。
この設定はブラウザのcookieに書き込まれているのですが、blogger.comではなく、blogspot.comのcookieとして保存されているもので、ブラウザ側の設定でcookieを拒否しているといつまでたっても追跡を繰り返してしまうというお粗末な結果になっていたのでした。
でもこれ、分かりやすい説明がどこにも見当たらないのでハマる人は延々とハマると思います。一時、自分でも『これバグなんじゃねーの?』と疑っていたぐらいです。

さて。
Firefoxの設定画面を開き、自分のサイトのアドレスである、○○○.blogspot.com(このサイトの場合はr14g.blogspot.com)のcookieを許可する設定にし、再度『統計』→『自分のページビューを追跡しない』を選択。正しい手順であれば『追跡しない』の状態が保存されます(画像参照)。
正しく設定できるとこのような画面になる
これが、何度やっても『追跡する』のままという場合は、残念ながらブラウザの設定がうまくいっていませんので、cookieの管理画面をもう一度見直してください。

2012年3月以降:

Bloggerの仕様によりblogspot.comからblogspot.jpに自動転送されるようになりました。
それに伴ってcookieの設定も変更し、さらに手動でcookies.sqliteも書き換える必要が出てきました。いきなりハードルが上がってしまいましたが、この記事の主旨は自分のアクセスをカウントしないことですので(笑)面倒でもハードルが高くてもやるしかありません。

ということで。
まず、上で書いたcookieの設定画面で○○○.blogspot.jpを許可します。

次にプロファイルの中のcookies.sqliteを自分で書き換えるのですが、メモ帳やテキストエディタでは開けないので専用のソフトを使います。
僕が使っているのはPupSQLiteというフリーソフトです(Windows用)。以下、PupSQLiteを使っての編集方法を説明します。

Firefoxを終了させた状態で最初にcookies.sqliteを開いて、idでソートし、一番大きな数値をメモします。今回の場合は22647。
cookies.sqliteを開く
次に自分のサイトの○○○.blogspot.comを探して一行丸ごとコピー。
○○○.blogspot.comをコピー
一番下にペーストし、先ほどメモしたidに1足した数字に変更。さらにbaseDomainのblogspot.comをblogspot.jpに書き換えます。
一番下にペーストしてidとbaseDomainを書き換える
そのまま右にスクロールして、hostという項目が見つかったらここもblogspot.comからblogspot.jpに変更。
hostも書き換える
最後に保存して、cookies.sqliteを閉じます。
これで書き換えは終了です。
Firefoxを立ち上げてBloggerの管理画面に入り、別タブで自分のサイトの個別記事を開いて数回リロード。カウンターが動かなければ成功です。お疲れ様でした。

2014年2月16日

Firefox高速化用設定一覧

はじめに

about:configとかuser.jsを自力でいじれる人向けの、高速化設定と利便性向上設定です。一部説明付き。
書いてない項目については基本的にはデフォルト値のままか、オプション設定画面から変更。あくまでも僕個人の設定なので、他の人には必要な機能もオフにしている可能性があります。
使用環境はWindows7+Firefox27。

設定一覧

user_pref("browser.chrome.image_icons.max_size", 0);
↑画像ファイルを直接開くときにタブに生成されるサムネイルアイコンを実質無効にする。
user_pref("browser.display.show_image_placeholders", false);
user_pref("browser.download.manager.addToRecentDocs", false);
user_pref("browser.formfill.expire_days", 30);
↑履歴を残す日数。デフォルトは180=半年。
user_pref("browser.fullscreen.animateUp", 0);
user_pref("browser.link.open_newwindow.restriction", 0);
user_pref("browser.newtabpage.enabled", false);
↑いわゆるスピードダイヤル的な機能を無効化。
user_pref("browser.overlink-delay", 0);
user_pref("browser.pagethumbnails.capturing_disabled", true);
↑ページのサムネイル画像を自動生成させるのを止める。
user_pref("browser.panorama.animate_zoom", false);
user_pref("browser.search.openintab", true);
↑検索結果を常に新しいタブで開く。
user_pref("browser.sessionhistory.max_entries", 8);
user_pref("browser.sessionhistory.max_total_viewers", 1);
user_pref("browser.sessionstore.interval", 300000);
↑セッションを保存する間隔。単位はミリ秒でデフォルトは15000。つまり15秒毎。
user_pref("browser.sessionstore.max_windows_undo", 1);
user_pref("browser.tabs.animate", false);
user_pref("browser.tabs.closeButtons", 2);
↑タブについている×ボタンを非表示に。
user_pref("browser.tabs.closeWindowWithLastTab", false);
↑タブをすべて閉じてもウィンドウは閉じない。
user_pref("browser.tabs.insertRelatedAfterCurrent", false);
user_pref("browser.tabs.loadBookmarksInBackground", true);
user_pref("browser.tabs.onTop", false);
↑タブが固定で上部に表示されてしまうのを防ぐ。
user_pref("browser.taskbar.lists.enabled", false);
user_pref("browser.taskbar.lists.frequent.enabled", false);
user_pref("browser.taskbar.lists.tasks.enabled", false);
user_pref("browser.urlbar.filter.javascript", false);
user_pref("browser.urlbar.formatting.enabled", false);
user_pref("browser.urlbar.trimURLs", false);
user_pref("dom.ipc.plugins.flash.subprocess.crashreporter.enabled", false);user_pref("dom.popup_maximum", 1);
user_pref("extensions.getAddons.cache.enabled", false);
user_pref("general.smoothScroll.mouseWheel.durationMaxMS", 150);
user_pref("general.smoothScroll.mouseWheel.durationMinMS", 150);
↑上ふたつの設定でスクロールのヌルヌルが以前のものに戻る。オプションの『スムーズスクロール機能』はオフにする必要なし。
user_pref("geo.enabled", false);
↑位置情報の送信を停止。
user_pref("gfx.color_management.enablev4", true);
user_pref("gfx.font_rendering.cleartype.always_use_for_content", true);user_pref("gfx.font_rendering.directwrite.enabled", true);
user_pref("gfx.font_rendering.directwrite.use_gdi_table_loading", false);
user_pref("keyword.enabled", false);
user_pref("layout.css.report_errors", false);
user_pref("layout.word_select.eat_space_to_next_word", false);
user_pref("media.autoplay.enabled", false);
user_pref("mousewheel.default.delta_multiplier_y", 136);
↑ここの数値はお好みで。色々試して自分に合った数字にする。
user_pref("network.dns.disableIPv6", true);
user_pref("network.prefetch-next", false);
↑いわゆる先読み機能。デフォルトでオンになっているので、オフに。
user_pref("nglayout.initialpaint.delay", 40);
↑この数字は0にしない方がいい、と誰かが言ってたので0にはしない。
user_pref("plugin.expose_full_path", true);
↑about:pluginsを開いたとき、プラグインファイルまでのパスを表示してくれる。ブラウジングには無関係。
user_pref("view_source.wrap_long_lines", true);

その他、補足

pipeliningは使いません。表示が早いところもあれば逆に遅くなってしまうところもあって不安定なので。というか、pipelining自体そのうち消えるような気もします。また、高速化というと必ず挙がっていた『network.http.max-connections*』ですが、Firefoxの初期設定に任せました。古い設定をそのまま引き継いでいる人は、一度、最新版の初期数値を見た方がいいですよ。驚きます。
『gfx.font_rendering.cleartype_params*』に関しては、Thunderbird 6.0, etc. - MozillaZine Knowledge Baseに説明があります。
prefetchNextは、勘違いしてる人がいるみたいだけど、DNSの名前解決をしてるだけでファイルは取りに行ってないはずです。昔の先読みソフトのように“見ないかもしれない”ファイルを延々とキャッシュに放り込んでいくわけではありません。

2013年1月28日

Twitterで改行を有効にするCSS+広告カット

この改行用CSSについて

ブラウザからTwitterにアクセスすると改行が無効になってしまいますが、それを有効にするための方法として、ユーザーCSSを書いてみました。
動作確認はFirefox17.0.2のみですが、他のブラウザでもバージョンが最新のものであれば多分使えると思います。多分。
あと、2013年1月26日現在のTwitterのレイアウトに最適化してあるので将来変更があった場合はこの改行用CSSもうまく動かなくなる可能性があります。気が向いたら、追いかけるつもり。

実際のCSSはこちら
.js-tweet-text,.bio {
white-space:pre-line!important
}
.account .bio{
margin:-1.29em 0 0 0!important
}


前は色々めんどうだったのですが、今はこれだけです。CSSの説明サイト等でwhite-spaceとは何かを調べれば上記のCSSの意味が分かるかと思います。
また、プロフィールの文章も改行表示できるようになっています。

ちなみに、Firefoxでは@-moz-documentという書式を使って上のCSSをtwitter.comのみに限定させることが出来ます。その場合は次のようになります。
@-moz-document domain(twitter.com) {
.js-tweet-text,.bio {
white-space:pre-line!important
}
.account .bio{
margin:-1.29em 0 0 0!important
}
}


広告カットについて

Twitterでは広告のことをプロモーションと表現し、CSSの名前にもそのまま使われているので探すのが楽でした。

.promoted-tweet,
.promoted-account,
.promoted-trend {
display:none!important
}


これだけでプロモーションツイート、プロモーションアカウント、トレンドの一番上にあるプロモーション用ハッシュタグが消えます。広告が邪魔だと感じる方は使ってみてください。